トップページ > リフォームの基礎知識

リフォーム前に知っておきたい基礎知識

サイトご利用ガイドのイメージ画像

リフォームは、快適な生活スタイルを実現するための最良の方法です。 ここでは、リフォームの完了後にイメージと違う、予算がオーバーしてしまったという失敗のないように、業者選びのポイントや見積もりのポイントなどを紹介いたします。リフォームをする前に必要な基礎知識をしっかりと身につけて、満足のいくリフォームを成功させましょう。


具体的なリフォーム計画を立てる

リフォームの種類は、その目的によって様々です。
「老朽化した部分を新しくするリフォーム」、「より便利な設備にするリフォーム」、「介護用・高齢者向けのリフォーム」、「耐震強化のリフォーム」、「省エネ住宅のリフォーム」、「防犯対策のリフォーム」など様々です。

まずは、どういうリフォームをしたいかを家族全員でよく話し合いましょう。
そして将来的な家族構成の変化なども考慮したうえで具体的なリフォーム計画を立てるようにしましょう。

こちらの要望がリフォーム会社にしっかりと伝えられるように、イメージに近い写真や設備機器のカタログなどを用意しておくのもひとつの方法です。
また、リフォームにかけられる大まかな予算を決めておくことも大切です。

リフォーム費用

リフォームで気になるのが費用のことです。
ここで大切なことはリフォーム費用の相場をしっかりと把握することです。そのためには、候補となる複数のリフォーム会社に相見積もり(あいみつもり)を取るようにします。そうすることでリフォーム費用の大まかな相場が分かるようになります。

ここで注意することは、材料のグレードや施工方法の違いで、見積もり費用は変動しますので、内容をよく確認してから相場を判断するようにしましょう。
リフォーム費用の支払い方法は、必ず契約書に記載するようにします。
支払方法はリフォームの規模によりますが、工事完成後の1回払い、着工時と完成時の2回払い、着工時・中間時・完成時の3回払いが一般的です。

業者選びのポイント

満足のできるリフォームを実現させるためには、信頼のできるリフォーム会社を選ぶことが重要になります。
それでは、下記チェックポイントを確認していきましょう。

  1. リフォーム会社には、それぞれ得意・不得意分野があります。
    「屋根」「内装」「外壁」「水まわり」「介護設備」「耐震強化」「省エネ」「総合リフォーム」など様々です。こちらの希望するリフォーム内容を得意分野としているかを確認しましょう。「総合リフォーム」なら大手ですが、「専門分野のリフォーム」は地域密着型の業者がおすすめです。
  2. リフォームの施工実績が豊富にある会社はそれだけ信頼度も高いと言えます。
    会社の事業年数や今までのリフォーム事例を確認しましょう。
  3. リフォーム工事に関わる保険に加入しているかを確認します。
    工事中に事故などのトラブルが起きた場合に、リフォーム会社が保険に加入していれば、保険を適用して対応できますので安心です。
    代表的なものには「リフォーム瑕疵保険(かしほけん)」があります。
  4. 施工後のアフターサービスがしっかりしているかを確認します。
    アフターサービスの内容は、会社によって違ってきますので、内容が充実している会社ほど信頼度が高いと言えます。
  5. 担当者の対応の良さを確認しましょう。
    打ち合わせの時の対応がとても親身で話しやすいことや、こちらの要望をよく聞いてくれるだけでなく、専門的立場から的確なアドバイスをしてくれる担当者のいる会社は、より信頼がもてる業者と言っていいでしょう。
  6. 建設やリフォームに関係する国の許可・資格を持っているかどうかを確認します。代表的なものには「建設業許可」「建築士」などがあります。
    ただし、500万円以下のリフォーム事業には国の許可・資格は不要です。

見積もりのポイント

見積もりを依頼する場合は、候補となるリフォーム会社を2~3社選んでから「相見積もり(あいみつもり)」を取るようにします。
その際、リフォーム会社には相見積もりであることをしっかりと伝えて、同一条件で各社に見積もりを依頼します。そうすることでリフォーム費用の相場も分かりますから、見積もりの内容が比較検討しやすくなります。
また、現地見積もりの場合は1社ごと別々に依頼するのがマナーです。
それでは、下記チェックポイントを確認していきましょう。

  1. リフォームの内容が項目ごとに別れていて、設備機器や材料の種類・工法・価格などが具体的にわかりやすく書かれているかを確認します。
    見積もり項目に「工事一式・価格」だけが記載されている場合は要注意です。
  2. 追加工事や追加費用がないかを確認します。
  3. 単に金額の安さだけで判断するのはやめましょう。
    材料のグレードや施工方法の違いで、見積もり費用は変動しますので、内容をよく確認してから相場を判断するようにしましょう。
  4. こちらの要望は遠慮せずにすべて伝えましょう。
    リフォーム会社とのコミュニケーション不足がリフォームの失敗の原因になることがあります。
  5. 分からないことはどんどん質問しましょう。
    分からないことをそのままにしておくと、後でイメージと違うなどのトラブルの原因になることがあります。
  6. 会社のリフォーム事例を見せてもらいましょう。より具体的なリフォームのイメージができます。
  7. 建物の図面があれば用意しておきましょう。より正確な見積もりが期待できます。

契約時のポイント

リフォームの内容や費用に納得できたら、記載内容に間違いないかをしっかりと確認してから正式に契約を交わします。
正式には「工事請負契約」といいます。契約時には収入印紙代がかかります。
後々のトラブル防止のために細かい取り決めは、すべて契約書に記載するようにします。
契約書に含まれない追加工事をする場合は、必ず追加見積もりを取って、新たに契約書を交わしてから施工するようにしましょう。
それでは、下記チェックポイントを確認していきましょう。

  1. リフォームの内容や費用が打ち合わせ通りになっているかを確認します。
  2. 追加工事や追加費用がかからないかを確認します。
  3. 費用の支払方法が打ち合わせ通りになっているかを確認します。
  4. 工事中に事故などのトラブルが起きた場合のために、リフォーム会社が保険に加入しているかを確認します。
  5. 定期的にリフォームの現場を見ることができるかを確認します。
  6. 着工から完成日までの工事日程が打ち合わせ通りになっているかを確認します。
  7. アフターサービスの内容が打ち合わせ通りになっているかを確認します。
  8. 個人情報の取り扱いに関する記載がされているかを確認します。

リフォームの補助金・助成金について

リフォームの内容によっては、補助金や助成金などの公的支援制度を受けられるケースがあります。リフォーム前に必ず確認しておきましょう。
相談は行政窓口を通すことが鉄則ですから、必ず管轄の役所に確認するようにしてください。
それでは、下記チェックポイントを確認していきましょう。

  1. 介護用や高齢者向けのリフォームを行う場合。
  2. 耐震強化のリフォームを行う場合。
  3. 省エネ住宅のリフォームを行う場合。
  4. 防犯対策のリフォームを行う場合。

↑ページのトップへ戻る