トップページ > リフォーム用語集

リフォーム用語集

リフォーム用語集のイメージ画像

リフォーム会社との打ち合わせや契約時に知っておくと便利な、リフォームに関する専門用語をピックアップしました。
リフォームをスムーズにすすめていくための参考にしてください。



リフォーム

リフォームとは、建物の基本構造をそのままにして老朽化した部分を改修したり、住まいの快適性を向上させるための改装・増築をすることを言います。

設備工事

設備工事とは、電気、ガス、給排水、空調など、生活に必要な設備の設置工事のことです。リフォームでは、浴槽、キッチン、エアコン、トイレなども設備工事に含まれます。

エコ住宅(省エネ住宅)

エコ住宅(省エネ住宅)とは、ソーラー発電、蓄電池、オール家電、断熱などの環境に優しい設備を備えた住宅のことを言います。

耐震補強工事

耐震補強工事とは、建物の耐震性能を向上させるために、建物の基礎・柱・壁などに補強工事を行うことを言います。

バリアフリー工事

バリアフリーとは、障害者や高齢者が生活しやすくするために、障壁(バリア)を除く(フリー)ことを意味します。リフォームでは、通路の段差をなくしたり、階段に手すりを付ける工事のことを言います。

外構工事

外構工事とは、屋外の施設を造る工事のことを言います。歩道との境に造る塀や垣根、車庫や門などがあげられます。

追加工事

追加工事とは、工事着工後に契約書に盛り込まれていない新たな工事を行うこと。
契約書に含まれない追加工事をする場合は、必ず追加見積もりを取って、新たに契約書を交わしてから施工するようにします。

給排水工事

給排水工事とは、建物の給水と排水を行う設備工事のことを言います。リフォームでは、配管工事・トイレ・浴槽・キッチンなどがあげられます。

アスベスト

アスベストとは、石綿と呼ばれる天然に採掘される鉱物繊維のことを言います。
耐摩擦性、耐熱性に優れているので建築材料などに使用されてきましたが、肺がんなどの健康被害を引き起こす危険性があるため、現在では使用が禁止されています。

コンクリート打ち放し

コンクリート打ち放しとは、コンクリートの表面にタイルや塗装などの仕上げをしないで、コンクリート面をむき出しの状態にして仕上げる工法です。

RC構造

RC構造とは、鉄筋とコンクリートを組み合わせて補強した鉄筋コンクリート構造のことです。

補助金・助成金

補助金・助成金とは、行政の目的を達成するために国・地方公共団体が公共団体や企業などに交付する給付金のことを言います。

リフォームローン

リフォームローンとは、リフォームにかかる費用に対して銀行や住宅金融公庫から融資を受けることを言います。

相見積もり

相見積もりとは、複数の業者から同一条件で見積もりを取り、金額や内容を比較することを言います。

工事請負契約

工事請負契約とは、リフォームを行う時に依頼者とリフォーム会社の間で締結する契約のことです。一般的には、「契約書」「契約約款」「設計図」「見積書」で定められます。

リフォーム瑕疵保険

リフォーム瑕疵保険(かしほけん)とは、リフォーム会社が倒産したり、工事に瑕疵(欠陥)があった場合でも、保険により保証される制度です。

建設業許可

建設業許可とは、建設業を営むために国土交通大臣又は都道府県知事から受ける建設業の許可のことです。ただし、500万円以下のリフォーム事業には国の許可・資格は不要です。

建築士

建築士とは、建築士法によって定められた資格免許を有して、建築物の設計、工事監理などを行う技術者のことを言います。

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、調理設備をキッチンの中央に島(アイランド)のように独立させて配置させる事。ホームパーティなどで複数の人が料理をするときに便利です。

カウンターキッチン

カウンターキッチンとは、キッチンとダイニングルームの間にカウンターが付いた対面式キッチンのことです。ダイニングルームにいる家族と会話をしながら調理ができるメリットがあります。

システムキッチン

システムキッチンとは、調理台、流し台、コンロ、レンジ、収納棚などのキッチン設備を統一したデザインで一体化した台所のことです。デザイン性が高く使いやすさが特徴です。

独立型キッチン

独立型キッチンとは、ダイニングルームと壁で仕切られ、部屋として独立したキッチンのことです。独立しているので、調理中の煙や匂いを気にする必要がなく調理に集中できます。


↑ページのトップへ戻る